治療する時に利用する保険

包茎手術は保険診療と自由診療のどちらでも受けることができますが、それぞれでメリット・デメリットが異なります。そのため、手術を受ける際には、保険診療と自由診療のメリットについて知っておくべきでしょう。

保険診療と自由診療を比較!

保険診療のメリット

保険診療は文字通り、保険が適応されるので、治療費用が大幅に削減することが可能です。また、保険での治療はどの医療機関を使っても料金が一律なので、治療費の計算がしやすいです。

自由診療のメリット

自由診療は保険が適応されないので、全額負担になりますが、その代わりに最先端の治療を受けることができます。また、美容面も気にしてくれるので、傷痕や縫い目が残る心配もないというものメリットです。

包茎のコンプレックス改善!治療を受けられるクリニックとは

医者

急増しているED患者

現在、ED(勃起不全)で悩んでいる患者は国内で急増しており、症状に悩んでいる方が日本人男性のおよそ4人に1人とも言われています。基本的にEDというのは、加齢に伴うことで発症するケースが多いのですが、近年では20代~30代にもこの症状が現れるようになりました。そんなEDですが、治療法には様々な手段がとられます。その中でも代表的な治療は薬物療法でしょう。現在、厚生労働省によって認可を受けている治療薬はバイアグラの他、レビトラ、シアリスなどがあります。もし、EDに悩んでいるとすれば、この三つのうちのどれかの治療薬を服用することをオススメします。

男の人

包茎手術は泌尿器科で

EDに陥る原因として、「包茎の問題」が大きく影響すると言われています。それほど、包茎による心理的な負担は大きく、下半身の自信喪失に繋がり、性行為への抵抗に変わりやすいです。しかも、包茎は外部からの刺激にも耐性もないために、性行為において早漏になりやすく、その点でも下半身のコンプレックスになりがちです。だから、最近では泌尿器科クリニックで包茎手術を受ける方も多いのです。包茎手術には様々な方法があり、現在では痛くない治療もクリニックによって確立されています。包茎に悩んでいるという場合には、まずは評判のいい泌尿器科でカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

包茎治療ができるクリニックの選び方

男女

手術実績の豊富さ

包茎に悩み受診するクリニックを選ぶ際には、まず各クリニックの手術実績の豊富さをチェックしておきましょう。手術実績が豊富だと、医者のスキルや知識に期待できますし、何より治療の成功確率が高まります。

治療費の妥当性

クリニックのほとんどが自由診療での治療を行なっているので、治療費の妥当性も大切なポイントと言えます。安過ぎるというのも問題ですが、高額な医療費を請求してこないクリニックをなるべく選ぶべきです。

アフターケアの有無

包茎手術を終えた後のアフターケアの有無もクリニック選びでは重視しましょう。最後までサポートしてくれる包茎治療のクリニックであれば、万が一のトラブルにも安心です。

広告募集中